関西学院大学体育会洋弓部

アーチェリーとは

弓を弾き、的を狙い、矢を放ち、的に当たった点数の合計を競う競技です。基本的には50m.30mの距離から的を狙い点数を競います。的の中心はおよそCD💿の大きさと同じぐらいです。
自分好みにカスタマイズした弓具で射つことができるので個性を出すこともできます!

アーチェリーの競技について

リカーブボウ

"リカーブボウ"でオリンピックでも使用される弓です。 日本国内ではもっともポピュラーなスタイルです。関西学院大学体育会洋弓部もリカーブボウを使用して日々練習しています。

コンパウンドボウ

リムの先端に取り付けられた滑車の働きによって、リカーブボウの半分くらいの力でホールドすることができるのがコンパウンドボウです。 コンパウンドはアメリカやヨーロッパで最もポピュラーなスタイルで、日本国内でも近年急速に人口が増えています。

競技の種類

アウトドア
アーチェリー

ショートハーフ

50m、30m離れた距離から、的を射つ競技で、大学の試合で最も一般的なものです。
前半36射を50mの距離から的を狙い、後半36射を30mの距離から的を狙い合計72射の合計点数を競います。
団体戦は男子8人・女子5名が出場し、出場者の合計点数で競い合います。

70mW

70 mW(ダブル)はインターハイや国体などの競技会において予選として採用されている競技方式であり、リカーブは70mを72射し、その合計点により、決勝ラウンドのランキングを行います。
なお、三田のレンジで70mの練習を行うことができます

インドア
アーチェリー

画像提供:関学スポーツ編集部

インドア競技は、屋内で行う競技で主に冬季に試合があることが多いです。18mの距離から、的を狙い合計30射×2ラウンドの点数を競い合います。
関西学院大学体育会洋弓部でも毎年11月にインドアの試合があり、それに向け練習をしています。

フィールド
アーチェリー

フィールドアーチェリーラウンドは、自然の地形を生かして野山に作られたコースに設置された標的をゴルフのように回って行射し、合計点を競います。

弓具について

弓具

小さなものから大きなものまで様々なパーツで弓具はできています!
弓具は、全てのパーツを自らの好みにカスタマイズすることができます!
世界で1つだけの自分の弓具で毎日練習ができます🏹

防具

距離によって、異なる3種類の的を使って練習をしています。
・70m:直径122cm(10点 12.2cm)
・50m,30m(ショートハーフ):直径80cm(10点 8cm)
・18m(インドア):直径40cm(中心4cm)
距離が短くなるにつれて的は小さくなるので
距離によって異なる難しさがあるのがアーチェリーの醍醐味です!

点数の付け方

矢が的に当たった部分が点数となります。
その点数の合計点で競い合います。

最も内側が10点で、最も外側が1点となります。

円の外に刺さる場合、矢が的に当たらなかった場合
Miss shot(M)となり、0点です。

10点の内側にある部分はXと呼ばれています。
Xも得点としては10点です。
試合で同点の場合このXに入った数で競い合います。

30金とは

30金とは3本中3本とも的の中心10点に当たった時のことを言います。
30金すると動画のような「30金コール」を行うことができます!男女でコールが異なります!
コールができるとチーム全員が笑顔になり、一気に勢いづきます!

主な出場試合

団体戦

関西の大学のチームをブロック分けし、そのブロック内での総当たりの試合になります。
距離は、50m,30mで合計72射を打ち、
男子は、8人の合計点数、女子は、5人の合計点数で競い合います。
この試合で勝ち進むと王座(全国大会)に出場できます。

【男子1部】
・近畿大学
・同志社大学
・京都産業大学
・関西大学
・追手門学院大学
・京都大学
・大阪工業大学
・甲南大学
・立命館大学
・龍谷大学
・神戸学院大学
・関西学院大学

【女子1部】
・近畿大学
・同志社大学
・甲南大学
・関西大学
・龍谷大学
・梅花女子大学
・甲南女子大学
・関西学院大学
・京都産業大学
・神戸大学
・立命館大学
・大阪大学

【男子2部】
・大阪大学
・神戸大学
・桃山大学
・摂南大学
・京都先端大学
・大阪府立大学
・大阪市立大学
・大阪経済大学
・兵庫県立大学
・京都府立大学

【女子2部】
・京都大学
・京都府立大学
・京都女子大学
・摂南大学
・大阪工業大学

リーグ戦を勝ち抜いたチームが出場できる全国大会です。決勝予選は70mWのチーム合計点数で競い、
決勝に進むとポイント制で勝負を決めます

1978年から始まった総合関関戦は、両校の体育会各クラブの全試合の勝敗で争い、学校単位で勝負を決めている試合です。また、このような両校が一体となって行っている定期戦は全国で総合関関戦だけです

1960年から行われている歴史の長い定期戦です。
関西学院大学と学習院大学の練習場が1年ごと交互で試合会場になり開催されます。
両校は1961年に開催された東西王座決定戦で戦った大学でもあります。

個人戦

1年に1度開催される関西学生アーチェリー連盟主催の個人戦です。
予選競技では50m30mの距離から合計72本射ちその点数を競い合います。
予選を通過すると決勝に進出でき70mから的を狙います。
団体としては、リーグ戦を目標に練習していますが、
個人ではこの試合で決勝進出することを目標に練習しています。

1回生が初めて出る試合が8月にある30mW記録会です。30mの距離から36射×2の点数を競い合います。
その次の試合が、10月に開催される新人戦です。夏休みの成果を発揮させることができる試合です。